-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-06-30 11:23 | カテゴリ:☆お薦めの本
 宇宙時計 図形が語る宇宙創造の物語   絵・文 辻 麻里子 著

やっと読めたーーー

これいつ買ったかな?

2012年かな?

当時全然理解できなくて、これは一体いつ自分は理解できる時がくるんだろうって思ってた!

割と、意外と早かったですね。

めちゃうれしい~

手に取ると、次元が変わる、耳鳴りがする。

これはこの方が書いた波動へ移動してる証拠なのです

耳鳴り不思議に思ってたんやけど、あーこれでいいのかって理解できた。

なぜならこの本の後手に持った、同じく辻 麻里子さんの2巻目の著、「太陽の国へ 22を超えてゆけ・Ⅱ」に耳鳴りについて書いてあったから。

ついにこの本をまた読み始める時がやってきました!!

けど、なんとも心地いいこの本の波動で、いや、寂しいけどね、しかもこの中に入って一緒に味わおうと思ったら意識が遠のく、全然保ってられない!

しっかりと読めないまだまだ。

ものすごい本です

ちなみに、「宇宙時計」のほうは、22の図形までしっかり集中して読めたのに、あれあれ集中力が切れてゆく・・・24・25・・・まだ分かる・・・26・・・まだまだぁ~・・・・・

最後の36の図形まで、なかなか読めませんでした。

そしたら~おわりに~で、25からは人類を超えた他次元的な存在となっておりました!

どーりで読めないはずだ

まさしく自分の位置を示されましたね。

こんなん今理解できたら、身体が半分透けてるかもしれないよ。あははー

けど、今は充分、一応読めたことを誇りに思います

本って、ほんとに素晴らしい

この方やこの方の周りの方に、感謝感謝ーー

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。